音と香りは夕暮れの空気の中に漂う


ドビュッシーのプレリュード第四楽曲 「音と香りは夕暮れの空気の中に漂う」


ボードレールの「悪の華」の詩句「憂鬱に満ちたワルツと物憂げな目眩」を表現したドビュッシー

嗅覚と聴覚の照応を表現した。


「私は、特別に野外のために構成されている音楽の可能性をぼんやりと考えている。概略だけではあるが、大胆にもボーカルとインストールメンタルだけで構成され、野外で演奏し、木のてっぺんに楽しげに舞うようなものだ。〔…〕そこには空気と葉の動きと花の香りが、音楽と神秘的に協力し合うであろう。音楽はこれら全ての要素を非常に自然な協調の中に集め、それぞれの要素に属するように見えるであろう」


『白い雑誌』より 1901年6月 ドビュッシー



b0122256_22353800.jpg



b0122256_21541742.jpg
アロマサロンで愉しむ、芳香療法と音の共鳴。
ご要望がありましたら、曲のリクエストにお応え致します♫




[PR]
by perle-dor | 2017-09-19 22:25 | アロマテラピー | Comments(0)

Perled'Orのアロマを生活に・・日々徒然


by perle-dor
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31